会社概要

沿革

1983年1月 一般戸建住宅の外壁塗装事業を創業
2002年10月 太陽光発電事業スタート
2003年1月 神戸支店 開設
2003年10月 緑橋本社ビル完成、移転
2004年9月 南堀江支店 開設
2005年4月 新深江支店 開設
2006年2月 姫路支店 開設
2006年9月 京都支店 開設
2006年11月 東海支店 開設
2007年6月 新大阪支店開設
2007年9月 岡山支店 開設
2007年9月 横浜支店 開設
2007年12月 代々木支店 開設
2008年5月 赤羽支店 開設
2008年10月 広島支店 開設
2008年12月 千葉支店 開設
2009年2月 藤沢支店 開設
2009年3月 大宮支店 開設
2009年7月 浜松支店 開設
2009年11月 福岡支店 開設
2010年4月 日本住宅保証検査機構加盟
2010年10月 光触媒工業会加盟
2010年11月 ISO9001・14001認証取得
2010年11月 特許出願(特願2010-254503) 太陽電池モジュール用赤外線反射塗料
2011年1月 特許出願(特願2011-17458) 遮熱通熱塗膜
2011年4月 姫路支店、神戸支店と統合
2011年9月 特許出願(特願2011-202888)
色素増感型太陽電池用増感色素溶液及びそれを用いる負極の製造方法
2011年11月 千葉支店 ソーラー事業部 開設
2011年11月 桜川支店 ソーラー事業部 開設
2012年8月 特許出願(特願2012-178001) 色素増感太陽電池
2012年9月 特許出願(特願2012-201315) 色素増感太陽電池
2012年11月 特許出願(特願2012-252241) 色素増感太陽電池
2014年4月 泉南発電所 建設
2014年10月 熊本支店 開設
2014年10月 特許取得(特開2012-104775)太陽電池モジュール用赤外線反射塗料
2016年10月 北九州支店 開設
2016年12月 姫路支店 開設

特許取得

特開2012-104775 太陽電池モジュール用赤外線反射塗料

特開2012-104775 太陽電池モジュール用赤外線反射塗料

特許出願一覧

(出 願 番 号)
特願2011-202888
(名 称)
色素増感型太陽電池用増感色素溶液及びそれを用いる負極の製造方法
(出 願 日)
平成23年9月16日
(特許請求の範囲)
【請求項1】 カルボキシル基、スルホニル基、ホスホニル基から選ばれる少なくともいずれか一つの置換基を有する含窒素芳香環と配位する金属錯体と、25℃で気体又は液体であって、沸点が200℃以下である含窒素化合物と、を含有することを特徴とする色素増感型太陽電池用増感色素溶液。
【請求項2】 前記金属錯体の金属が、ルテニウム、オスミウム、鉄、銅、白金、コバルト、レニウム、クロムから選ばれるいずれか一つであることを特徴とする請求項1に記載の色素増感型太陽電池用増感色素溶液。
【請求項3】 前記含窒素芳香環が、ピリジン、フェナントロリン、キノリン、キノキサリンから選ばれる少なくともいずれか一つの化合物であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の色素増感型太陽電池用増感色素溶液。
【請求項4】 25℃で気体又は液体であって、沸点が200℃以下である含窒素化合物が、アンモニア、アミン、アミノアルコールから選ばれる少なくともいずれか一つの化合物であることを特徴とする請求項1乃至請求項3に記載の色素増感型太陽電池用増感色素溶液。
【請求項5】 25℃で気体又は液体であって、沸点が200℃以下である含窒素化合物を揮発させる工程を含むことを特徴とする請求項1乃至請求項4に記載の色素増感型太陽電池用増感色素溶液を用いる色素増感型太陽電池の負極の製造方法。
(出 願 番 号)
特願2011-17458
(名 称)
遮熱通熱塗膜
(出 願 日)
平成23年1月31日
(特許請求の範囲)
【請求項1】 多層構造を有する屋根材塗膜において、パール顔料と、前記パール顔料のバインダとなる不揮発性化合物とを含有する入光調整層を含むことを特徴とする屋根材塗膜。
【請求項2】 前記パール顔料の反射光が赤紫色、赤色、橙色、黄色、緑黄色のうち少なくともいずれかの一つであることを特徴とする請求項1に記載の屋根材塗膜。
【請求項3】 多層のうち少なくとも前記入光調整層よりも下層に位置する層が黒色であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の屋根材塗膜。
【請求項4】 前記黒色の層が、マンセル値でN1乃至N3であることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の屋根材塗膜。
【請求項5】 前記黒色の層が、カーボンブラックを含有することを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれかに記載の屋根材塗膜。
【請求項6】 前記入光調整層と前記黒色の層との二層であることを特徴とする請求項3乃至請求項5のいずれかに記載の屋根材塗膜。